渡部園長の日記

ようこそ!つれづれ日記へ

37年前の「しおり」

令和5年度に向けて、書類を作成しています。

色々な文献を掘り起こして、分かりやすく、読みやすい「保育園のしおり」を作ろうと思って探してみると、37年前の「ベビールーム汽車ぽっぽ」のしおりがでてきました。

開設当初のしおり

その当時はパソコンなど手に入らず、文章は手書きでした。

最後のページをめくると、「おわりに」なる文章がありました。

もう、記憶の奥にしまっていた文章でした、

 

          

もう一度、その当時の私の心を取り戻すためにも、文字を起こしてみます。

おわりに

「よい保育園をつくりたい。よい保育者になりたい」これが私の昔からの願いでした。

5年前に、この夢に命が芽生え、まるでお母さんのお腹の中で大きくなる胎児のように、だんだん育っていきました。

この小さな夢が、「ベビールーム汽車ぽっぽ」になって、もうすぐこの世に産声を上げます。

たくさんの方々に、暖かく見守られての誕生です。

心より感謝しております。ありがとうございました。

小さな赤ちゃんを載せて走り出す「汽車ぽっぽ」に詰め込んだものは、未熟な私が今までの人生から学んだもの、保育の諸先輩からいただいた忠告、子どもの成長を願う親の祈り、つぶらな瞳が望んでいるもの、保育の世界でよしとされているものです。

これから動き出す「汽車ぽっぽ」に、私の新たな夢を乗せて、保母さんやお母さん方と手をつなぎあい、より良い保育園づくりをめざせたらなぁ、と思っております。

昭和59年4月代表 

     わたなべ えつこ