渡部園長の日記

ようこそ!つれづれ日記へ

ウクライナの絵本

 うさぎ野原・うさぎ第2保育園に近い戸塚図書館に行ってきました。

幼児コーナーに、たくさんのおすすめ絵本が見やすいところに並んでいます。

あら?季節でもないのに、「てぶくろ」の絵本があります。

絵本『てぶくろ』は、ウクライナ民話から生まれたもので、日本でも1965年に内田莉莎子さんの翻訳で、今でも変らず子どもたちに読み継がれている傑作です。

保育園や幼稚園の発表会などには、この物語はよく選ばれています。

内容は、

降りつづく雪の中、ぽつんと落ちていたのは片方だけの暖かそうな手袋。最初に見つけたのは小さなねずみ。彼女は中にもぐり込み、言うのです。「ここで くらすことに するわ」確かに、ねずみが暮らすのにはいい大きさ。居心地も良さそうです。そこへやって来たのは、かえるさん。中に入りたいと言います。


手袋の中にはねずみとかえるの二ひき。確かにこれも悪くない。
ところが今度はうさぎがやってきて、言うのです。「ぼくも いれてよ」あっという間に三びきです。大丈夫かしら…。これで終わることなく、さらにやってきたのはきつねです。

さらにさらに、おおかみも、いのししも、しまいには驚くほど大きいあの動物までもてぶくろの中に・・・!

不思議なことに、小さな手袋に何匹もの動物が入ってしまうのです。

同じ森に棲んでいる、仲間だからなのでしょうか。

                        

こんな不思議な物語を生む国が、今、大変なことになっています。

きっと、図書館司書の方も、「祈るような気持ちで、季節外れのこの本を展示されたのだろう!」とお察ししながら、はやく平和が訪れようにと願いながら、図書館を出ました。

 

              ・絵本の写真は、絵本ナビHPより転写